代表プロフィール

渡邊 佑(Yu Watanabe)

 合同会社Coaching 4U代表

 パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ(TICEコーチ)

  苫米地式コーチング認定コーチ

 TPIジャパン認定 TPIEファシリテーター

 BWFインターナショナル認定 PX2ファシリテーター

 Master of Business AdministrationMBA)(早稲田大学)

 一般社団法人分子整合医学美容食育協会認定 エキスパート・ファスティングマイスター

 ラフターヨガ・インターナショナル・ユニバーシティ認定 笑いヨガリーダー

 人材育成学会 会員

早稲田大学(心理学)では障害・神経心理学のゼミに所属。

 

2009年早稲田大学(教育心理学専修)卒業後、京セラグループのコンサルティング会社(KCCSマネジメントコンサルティング㈱※現・京セラコミュニケーションシステム株式会社)に入社。創業経営者稲盛和夫氏が考案した「アメーバ経営」のコンサルティング業務に従事する。

 

入社初年度より医療・介護法人向けの新規事業立ち上げのため異動。コンサルタントは10年で一人前と言われる中、当時社内最年少でプロジェクトを主で進めるメインコンサルタントになる。あわせて社内最年少でグループ責任者に任命される。一部上場企業も含めた20法人以上のコンサルティングに従事し、コンサルティング担当全案件で業績改善を達成。特に、マインドにフォーカスしたコンサルティングに定評があった。

 

その後、2015年3月早稲田大学商学研究科ビジネス専攻にてMBA(経営管理修士)を取得。

大学院在学中は、人材・組織を中心に特に「組織文化」「経営理念」を専門とし、人材育成学会での研究発表も実施。

 

コーチングの大家ルー・E・タイス、機能脳科学者苫米地英人に出会いコーチングの絶大なる可能性に引き込まれ、世界にコーチングを広めることを通じてより良い世の中を作ることを決意。2014年12月Tomabechi Institute認定 パフォーマンス・エンハンスメント・コーチになる。

 

2016年4月Coaching 4Uを立ち上げ、現在に至る。

 

【専門分野】

○認知科学をベースとしたコーチングを通じた人と組織の生産性向上

○管理会計(目標管理)を通じた人財育成・現場力向上

○ファスティング・食育

○経営理念浸透

○組織文化変革

 

【講演・セミナー実績】

○日経ヘルスケア主催 シニアリビングセミナー2015※前職在職時

○埼玉県在宅福祉事業者連絡協議会 研修会(2013年・2014年)※前職在職時

○千葉県社会福祉法人経営者協議会青年部会 平成26年第2回研修会※前職在職時

ほか。